阿佐辰美のwikiプロや経歴(本名・身長・事務所)!芸能界や俳優のきっかけはディカプリオ!

現在放送中のドラマ 消せない「私」~炎上しつづけるデジタルタトゥー ~に出演中の
阿佐辰美さん。

最近ドラマや映画などの俳優業で活躍している阿佐辰美さんのWikiプロフィールや経歴(本名・身長・事務所)芸能界や俳優のきっかけはディカプリオだと噂されているエピソードをまとめてみました。

それでは見ていきましょう。

目次

阿佐辰美のwikiプロフィールや経歴(本名・身長・事務所)!

まずは、阿佐辰美さんのwikiプロフィールや経歴を調べてみました。

プロフィールや経歴は?

名前阿佐辰美(あさ たつみ)
生年月日2000年8月27日生まれ
星座おとめ座
出身大阪府出身
趣味映画鑑賞、スノボー
特技殺陣(たて)、腹踊り

【2024年出演経歴】
2024年1月1日:『相棒 season22』(ドラマ)
2024年1月5日:『消せない「私」―復讐の連鎖―』(ドラマ)
2024年1月8日:『鬼平犯科帳 本所・桜屋敷』(ドラマ)
2023年12月30日:「アリさんマークの引越社 巨大なDAIGOさん篇」(CM)

高校1年生のとき大阪にあるダンスポーカルスクールに声をかけられたことがきっかけでお芝居と出会います。

その後、上京し、演技のレッスンを続けたとされています。

特技の殺陣も通っていた演技レッスンで学んだようです。

デビュー作は2022年に「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰がいった?」というドラマです。

その後も、2023年に「君と世界が終わる日に入門編完全新作SP」や、「夫婦が壊れるとき」映画も「TOKYOMER~走る緊急救命室~」などなど。

2024年には「相棒season22元旦スペシャルサイレント・タトゥ」「鬼平犯科帳本所・桜屋敷」にも出演しています。

現在は1月期金曜ドラマDEEP「消せない私~復讐の連鎖~」でソラ役として出演中です。

まだデビューされて2年、23歳という若さでたくさんの作品に立て続けに出演が決まっていて今後もどんどん人気が高まる兆しがみえています。

本名は?

阿佐辰美さんの本名について詳しく調べてみたところ、残念ながら明らかにはされていないようで、確かな情報としては見つかりませんでした。

ただ、同じ事務所内では本名でタレントをしている方が多いことから阿佐辰美さんも本名なのではないかと言われているようです。

つまり・・・阿佐辰美(ではないかといわれている)と予想できます

身長は?

阿佐辰美さん178cmと公表されています。

文部科学省の調査によると、日本人の平均身長は男性が171.5cmと言われています。

それから考えると、阿佐辰美さんの身長178cmは高身長であることがわかります。

顔立ちもハーフのようなイケメンで高身長なので、モデル活動含めこれからの活躍がとても楽しみですね。

実際に、2023年7月22日発売 ぴあ『SODA』9月号や2022年9月21日発売 幻冬舎『GINGER』11月号にも掲載されモデルとしても活躍されています。 

事務所は?


阿佐辰美さん所属事務所はA-PLUS所属です。

高校1年生のとき大阪にあるダンスポーカルスクールに声をかけられたことがきっかけでお芝居と出会います。

その後、上京し、演技のレッスンを続けたとされています。

特技の殺陣も通っていた演技レッスンで学んだようです。

そして、ご縁があり現在のA-PLUS所属タレントとして活躍されています。

阿佐辰美が芸能界や俳優のきっかけは?

大活躍中の阿佐辰美さんですが、実は幼少期からは侑に憧れていたわけではないようです。

では、なぜ芸能界に入ることになったのでしょう?

どのようなきっかけで阿佐辰美さんは芸能界に入り、俳優のお仕事しているのか、きっかけを調査しました。

阿佐辰美さんは高校一年生の時にダンスボーカルスクールにスカウトされ、通うことになりました。

スクールでは「ダンス」「ボーカル」「芝居」の選択肢からコースを選ぶことになり、消去法で芝居を選んだそうです。

始めは人前に出るのも恥ずかしかったと言いますが、レッスンを重ねるごとに「前にでたい」という気持ちに変わっていきます。

そして「本格的に俳優としてやっていきたい」と考えるようになり高校卒業後は大学には進学せず、上京しこの世界を目指しワークショップに通いながら演技の勉強を続け、アルバイトもし、2年間の勉強の末、今の事務所に所属する事になります。

ずっと勉強し続けてきた殺陣ですが、阿佐辰美さんがその殺陣について語ったエピソードがあります。

それは、初の時代劇デビュー「鬼平犯科帳本所・桜屋敷」の撮影を振り返ったあるインタビューで、「いつか年齢を重ねてから時代劇に挑戦できたらいいなと殺陣を練習してきました。

デビューして2年でこんなに早く時代劇をやらせて頂けて驚いています。

現場はすごい熱量、そこでの大先輩方の姿も見させていただき、改めて時代劇、そして演じるというしごとへの想いが募りました。」と語っていました。

当初から勉強してきた殺陣が芸能界で活かせたことへの喜びが次なる彼への俳優業の進歩につながるエピソードだと思いました。

阿佐辰美はディカプリオ・柳楽優弥に憧れていた!

阿佐辰美さんですが他にもディカプリオに憧れていたという噂があります。なぜディカプリオなのでしょう?

今回はその事実についてもお調べしました。

ディカプリオへの憧れ

ダンスボーカルスクールでレッスンを受けていた阿佐辰美さんの思いにある変化が起き始めます。

そのきっかけとなったのが映画「バスケットボール・ダイアリー」に出演していたディカプリオであったということのようです。

その映画で若い頃のディカプリオさんに刺激を受けたそうです。

当時はまだ売れる前のディカプリオさんで、高校生で薬におぼれていくという役でその演技がお芝居にみえないほどリアルで感銘を受けたそうです。

顔が整っているディカプリオさんですが第一線で活躍しているのはそのイケメンぶりだけではなく、彼自身の若い頃から培われてきた芝居の技術があるからだと感動した阿佐辰美さん。

この思いにより芝居の世界で本気で挑戦していきたいと強く思ったそうです。

柳楽優弥への憧れ

さらにディカプリオさんだけでなく、「ディストラクション・ベイビーズ」に出演していた柳楽優弥さんにも影響を与えられたようです。


柳楽さんはセリフが3、4個だった場面でも表現力がすごくてそれが阿佐辰美さんにとってすごく印象に残ったそうです。

そんな柳楽さんの姿を見て阿佐辰美さんは背中で語れる俳優に憧れを持ち、人生の目標を「男らしい男になること」、役者としての目標を「この人に頼めば大丈夫」、「この人が出ているから観たい」と思われるような役者になることを目指していくとしているみたいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

デビューしたばかりの阿佐辰美さんですが2024年にすでに2本のドラマ、1本の時代劇への出演も実現いて今後も人気が高まる若手俳優となっていくような気がします。

そんな阿佐辰美さんのこれからの活躍に期待したいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

今後も気になる情報を調べていきたいと思いますのでよろしければ応援よろしくお願いします。
ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次