大森元貴の病気は突発性難聴!今後の活動継続への影響が気になる!

2024年1月20日、Mrs. GREEN APPLE大森元貴が突発性難聴と診断されたと発表がありましたね。

今回は、病気(突発性難聴)の診断から今後の活動について他の芸能人の事例を見ながら見ていきたいと思います。

目次

大森元貴の病気は突発性難聴!と公表

突然でしたが、2024年1月20日にこのような発表がありました。

昨日1月19日に大森の左耳が聞こえづらい症状が現れ、本日20日に病院で医師の診察を受けた結果、突発性難聴と診断された。今後に関しては医師による診断および適切な治療を受け、症状と向き合い、本人の意思を尊重しながら活動を続けていくという。また、現在発表されているライブなどに関しては、現時点では実施する予定となっている。

ナタリー

とあり、ファンからも驚きの声が上がっています。

しっかりと病気と向き合い、治療に専念して回復してほしいですね。

大森元貴の今後の活動継続への影響は?

大森元貴さんは今回突発性難聴と診断され、今後の活動については、上記にもあるように「継続する」という判断を取っていることがわかります。

現時点では、コンディションと相談しつつ活動続けます

今のところ、大きな影響はなさそうですが、このようなコメントがあります。

「本人の意思を尊重しながら」とありますが…… 本人は、かなり無理をする性格なので…どうか周りのスタッフが配慮して休むようにスケジュール調整してあげて欲しいです!マメにファンクラブサービスとか気配りとかし過ぎるぐらいなので本人の意思を尊重してたら治る病気も治りません〜突発性難聴は初期が大事なので治療最優先にお願いします! 作詞、作曲、編曲、プロデュース、絵本まで出せる 稀有な才能の方なので、どうか大切にしてあげて下さい〜と会社の方に言いたいです。お願いします。Yahooコメント

大森さんの性格をよく知る、心配の声がありますね。

確かにこれだけの才能を持つ方なので、ここで病気が悪化してしまってはとても勿体ないですし、残念でしかありません。

突発性難聴とはこのようにも言われています。

発症してから1週間以内、早めの受診であれば完治できる病気ですが、治療開始が遅れてしまうと症状がそのまま残ってしまう確率が高いです。

日本橋大橋クリニック

今回大森さんの場合、直ぐさま病院受診し診断を受けたようですので、 「突発性難聴」の早期発見と早期治療が回復の重要なカギとなってきそうですね。

今後の人生に関わることなので、詳しい状態はわかりませんが、しっかりと病気と向き合い、治療に専念してほしいですね。

さて、話は変わりますが、過去にも様々な芸能人の方が同様の突発性難聴を発症されています。

他の芸能人のついても見ていきましょう。

その他・突発性難聴を公表した芸能人は?

こちらが「突発性難聴」と診断され、公表している芸能人です。

【突発性難聴と診断された芸能人】

・浜崎あゆみさん
・小室哲哉さん
・八乙女光さん(Hey!Say!JUMP)
・堂本剛さん
・山口一郎さん(サカナクション)
・スガシカオさん
・桑田真澄さん
・坂本龍一さん
・大友康平さん
・manakaさん(Little Glee Monster)
 ほか

結構な人数の芸能人が「突発性難聴」を発症していますね。

意外と多くて驚きますが、その中でもどんな状況なのか芸能人別に見ていきましょう!!

突発性難聴の芸能人それぞれのエピソードについて!再発や後遺症は?

八乙女光さん(Hey!Say!JUMP):
とても明るい印象を持つ八乙女さんですが、活動を続けながら治療するはずが、「お医者さんにも、このままだと完治しないと診断された」と言っており活動休止を決定したそうです。
耳鳴りやめまいとかなり重度であったことがうかがえました。
2022年1月から活動休止し、治療に専念していましたが、2022年11月に少しずつ活動再開すると発表がありました。

堂本剛さん:
2017年に発症し、大きな音が耳の中で響く音響障害に悩んでいました。
回復してきているようですが、今も後遺症に向き合っているそうです。
けっこう長い期間悩まされているんだと驚きますね。

山口一郎さん(サカナクション):
2010年のツアー3日ほど前に突然、めまいや耳鳴りがして発覚しました。
入院の必要もありましたが、彼は無理してツアーを続けたしまったため、
今も右耳はほとんど聞こえない状態だそうです。
彼は、過去に無理をしたことをとても後悔しています。

スガシガオさん:
2012年に治療後に公表しています。:
スガシガオさんの場合は、直ぐに病院で治療をして、何とか持ち直しつつツアーを続けていきました。
結果、回復してしているようで、直ぐに治療を行うことの大切さを示しています。

manakaさん(Little Glee Monster):
2022年3月に公表し、活動を休止していました。
深みのある魅力的な歌声をお持ちのmanakaさんでしたが、7月にグループを卒業しています。

更に、似た耳の診断を受けた芸能人です。

その他の耳の病気を公表した芸能人

【似た耳の病状を診断された芸能人】

・大倉忠義さん(関ジャニ∞):右低音障害型難聴と両側耳鳴り
・今井翼さん:メニエール病 ※再発もしたようです。
・misono:メニエール病
・GENKINGさん:メニエール病
・加護亜依さん:メニエール病
・増田恵子さん:メニエール病
・ハイヒールモモコさん:メニエール病
・久保田利伸さん:メニエール病
 ほか

本当に、耳の病を公表されている芸能人の多さに驚いてしまいますね。

ここまでくると、まだまだ実は「耳の病」だったいう芸能人も出てきそうですね。

これは、世の中、そして日本の芸能界は言うまでもなく、働き方に問題がありそうな気がしますね。

考え深いものです。

簡単ですが、突発性難聴、そして似た耳の病状を公表している芸能人をまとめてみました。

大森元貴の病気は突発性難聴!今後の活動継続への影響が気になる!まとめ

いかがでしたか。

大森さんは、ファンへの気遣いから今回の突発性難聴の公表からこんな報告もされています。

少し安心するメッセージに嬉しく思いますね。

ただ、病気を診断された以上しっかと完治してまた全力で頑張ってほしいとも思いますね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次